ノウハウ

【唖然】リフォームの見積もりを頼んだのに業者が来ないときの対処法

投稿日:

リフォームをしようと思ったとき、多くの方は一括見積もりサイトを利用したりご近所の口コミや紹介で知ったリフォーム業社に見積もりを依頼するはずです。

見積もりを依頼するとリフォーム会社は見積もりを作るために現地調査を行う必要があり、依頼主と現地調査のための日時の調整を行います。

依頼したこちらとしても当日に向けて忙しい合間を縫って調査する箇所の荷物などをどかしたり、部屋を片付けたりします。中にはコーヒーの一杯くらい準備して待っている方もいることでしょう。

私も何度か自宅のリフォームをしましたので沢山の業者さんに見積もりしてもらいましたが何度かありましたよ。時間になっても誰も来ないケース…。

基本的にはほとんどのリフォーム会社は少し遅れる場合でも連絡をくれるのですが、連絡もなく時間になっても来ない連中が必ずいます。

こんな時どうすれば良いのか?自分で連絡するのも馬鹿馬鹿しいですが知り合いの紹介ともなれば少し考えものですよね。

今回はリフォーム会社が時間になってもリフォームの見積もりに来ない時の対処法を考えたいと思います。

時間になってもリフォームの見積もりに来ないその後は2パターン

私が今まで経験した中で時間になってもリフォーム会社が来なかった場合、その後に考えられるパターンは2通りです。

1.無断で遅れて来る

これはリフォーム業界がたるんでいるのか緩いからなのか知りませんがたまにあります。私の経験では今のところ5人と約束すればそのうち1人か2人くらいの割合。「この人たぶんこの業界長いんだろうな〜」って人でも平気で1~2分遅れて来たりします。

人によって違いはあるとは思いますが、私としては1分だろうと2分だろうと時間に間に合っていなければ遅刻だと思っています。とはいえ、この場合はほんの数分ですので私も特に何かクレームを言ったりはしません。謝る人もいればそのまま平然と現地調査を始める人もいます。

問題なのは10分15分近く遅れて来る方達です。到着してから一応謝りはするのですが、私の感覚では少しでも遅れるのであれば到着前に連絡するのが常識です。

このような会社は本当に論外ですし、大切な住まいを任せるに値しないと考えています。見積もり内容が相当良くない限りはまず依頼することはないでしょう。

2.来ない上になんの音沙汰もない

「えっ!」っと思ってしまいますよね。でも、時間になっても現れないどころか何時間待とうが来なかったことが実際に複数回ありました。

この場合は担当者が完全に忘れているか日にちを間違えているパターンが濃厚です。

リフォーム会社に電話すると受付の方も大慌てで「担当に確認します!」と電話を切り、しばらくすると担当営業が折り返しので電話でペコペコ謝ってきます。

私も以前は営業の仕事をしていたので沢山のお客様との調整が大変だというのはわかりますが大幅減点に違いはありません。

中でも一番ひどかったのはリフォーム会社に電話したら現場の職人さん?のような人が出て無愛想な対応で「確認してまた電話しやす。」と言って切られたことでした。その後、その会社から電話はありませんでしたし、こちらからも電話することはありませんでした。

見積もりに来ない時の対処法

さて、では見積もりの時間になってもリフォーム会社の担当が来ない時、こちらはどう対処すれば良いのでしょうか?

とりあえずちょっと待ってみる

いきなり答えになってしまいますが、時間ちょうどくらいなのであれば、まずは慌てず少し待ってみることです。先ほどお伝えした通り、リフォーム会社は有名な大手企業から個人経営の小規模な会社、ぶっきらぼうな親父がやっている工務店から派生した会社など様々です。腕はいいけど接客は…なんてこともざらにあるものなのです。

また、「リフォーム会社は大手と個人ではどっちがいいの?」でも紹介した通り、小さいリフォーム会社の方がいざという時の対応が早かったり価格も良心的だったりします。ただ、その分大きい会社より接客対応が緩くなりがちですので、自分の気の許すかぎり寛容になってみても良いかもしれません。もちろん、常識の範囲での話です。

こちら側から連絡をする

しばらく待っても見積もりに来ない場合はこちらから連絡してみるのも一つの手です。特にそのリフォーム会社が知人や友人からの紹介となると見積もりも取らずに切り捨てることもしずらいことでしょう。

こちらから連絡してみて「なぜ来ないのか?」「来る気はあるのか?」「いつ来るのか?」次回の日程調整なども含めて聞いてみると良いでしょう。

ただ、ここまで来るとどちらが営業なのかわかりませんね。一括見積もりなどを使って複数の会社から見積もりを取っているのであれば、その会社は切り捨てて別の会社に頼めば良いのですが1社にしか見積もり依頼していないとその会社が来なかったらこちら側も困ってしまいます。

そうならないためにも一括見積もりなどを使って複数社から相見積もりを取るようにしましょう。

見切りを付けて別の会社を探す

お客さんと約束しているのに見積もりに来ないのですから「見切りをつける」というのもひとつ当然の判断と言えるでしょう。

今回の遅刻はたまたまかも知れませんが、もしかしたら体制が不充分で頻発しているなんてことも無きにしも非ずです。自分の家に「いざ」ということが起きた際に担当が忘れてしまって駆けつけてくれなかったり困りますよね。

まとめ

あくまでも私の場合ですが多少遅れてきたくらいでは大目に見ています。なぜかというと私の家は国道から少し入ったところにあるのですがいつも渋滞ができている道路の先にあります。

この土地に頻繁に来ている人であれば「あの辺りは渋滞するから早めに出よう」という判断ができますが初めて来る場合はナビ通りの時間では到着できません。こういった土地柄もあって遅れて来る会社が多いのかも知れませんが私としてもできる限り大目にみるようにはしています。

ただ、やはり10~20分遅れるのに連絡をしてこない会社はおかしいと考えています。そういった会社も今回たまたまかも知れませんが、常態化している可能性だって考えられます。

また、営業も人間ですから誰だって失敗の一度や二度はあります。しかし、失敗してお客様に迷惑がかかってしまった時にこそ、その営業と会社の姿勢を見ることができると思います。

遅れてしまうことがわかった時点でしっかりと連絡できるかどうか?遅れて来た時にしっかりと謝れるかどうか?対応は誠実かどうか?担当営業の人間性も含めて見ておくと良いでしょう。

-ノウハウ

Copyright© リフォーム速報 , 2019 All Rights Reserved.