ノウハウ

リフォーム会社の種類と特徴|どれがおすすめ?

投稿日:

ひと口にリフォーム会社といっても様々なタイプの会社があります。実はリフォーム自体そこまで歴史の長いものではなく、建築会社の修繕が中心だったものがはじまりです。

しかし、最近では単なる修繕に留まらずより快適に暮らすための改築を行いたいという需要が高まったためリフォーム事業を本業とした会社が増えています。

最近では大規模なリノベーションまで行えるリフォーム会社も増えてきましたが、建築会社系のリフォーム会社から生まれたものや設備工事の会社などから生まれたものなど様々です。そして、多くのリフォーム会社の誕生に伴って、それぞれに得意不得意などがあるなどリフォーム会社自体も多様化してきました。

自分が行いたい工事にあったタイプのリフォーム会社を選ぶことがリフォーム成功への一歩です。このページではリフォーム会社の種類や特徴などをまとめています。

リフォーム専業タイプ

創業当時からリフォームを専門としている会社。「〇〇リフォーム」など会社名に「リフォーム」の文字が付くことが多い。リフォーム専業の会社は最近増えていますが歴史は浅い会社も多くあります。

また、もともとは建築会社や工務店で修繕事業を行なっていて、そこからから派生した会社も多いです。

現場担当と施工担当に分かれており、現場担当がすべての責任をもって工事を進めてくれる。比較的一戸建て住宅の施工実績が豊富なことが多い。

専業というだけあってリフォーム特有の不意に修繕が必要になった場合などの対応にも慣れています。規模の大きいリフォーム工事や間取り変更などがある場合には建設業許可を持っているか確認しておくと良いでしょう。

建設会社・工務店タイプ

大手住宅メーカーや地域密着の工務店まで規模は様々ですが古くから新築工事などを手がけてきたノウハウを生かしてリフォームを行っているリフォーム会社です。

小さい会社でも昔から新築に携わっていたりと地元でも馴染みのあるなど地域密着の会社が多いです。新築を売っているだけあって保証やアフターサービスなどに定評のある会社が多いのが特徴です。

自然素材を上手く扱える職人を自社で抱えているところも多いですが最新のデザインなど「デザイン性」という面に関しては少々疎い傾向があります。

設備会社タイプ

キッチンやトイレといった水回り設備の設置やメンテナンスをメインで行なっている会社ですが水回りだけでなく最近ではリフォーム全般を手がけている会社も多くなりました。

得意分野である設備に関しては特に万が一の時には適切な対応を迅速に行なってくれることが多く、設置後のアフターサービスやメンテナンスも面倒を見てくれます。

営業はおらずお客様の要望に対して淡々と対応することが多いです。

インテリアショップタイプ

家具やカーテンといったインテリアの商品知識やノウハウが充実しているリフォーム会社です。

得意としている内装を使ったリフォームを中心にしており、インテリアの小物などのアドバイスにも期待できます。

ちょっとした小物やデザイン性の高いインテリアなど好きな人にはとことんハマる提案ができるのが最大の魅力です。

不動産会社タイプ

建築会社タイプなどとも一部重複しますが大手デベロッパーなどの系列会社のリフォーム会社です。一戸建てだけでなくマンションのリフォームも得意としていることが多いです。

設計、施工、営業で担当がはっきり分かれていることが多く、柔軟性にはやや欠ける傾向がありシステム的な対応になりがちです。

地名度の高い大手リフォーム会社を選ぶことが良いとされています。

リフォーム会社はどこがおすすめ?

では、これだけの種類のリフォーム会社がありますがどれがおすすめなのでしょうか?結果から言ってしまうとおすすめはありません。

というより、このページの説明ですでにお分かりと思いますがリフォームを成功させるためには自分の行うリフォームに合った種類のリフォーム会社を選ぶことが最も大切となります。

何もわからずにむやみやたらに見積もり依頼をしてしまうとリフォーム会社も自分自身も無駄な労力を使うことになります。見積もりだけならまだしも見当違いのリフォーム会社に依頼してしまうと出来上がりに満足できないリフォームになってしまうことにもなり兼ねません。

自分が行うリフォームに最適なリフォーム会社の種類がどれかわからないのであれば一括サイトに任せるのが一番です。一括見積もりサイトでは事前にリフォーム内容を伝え、専門の担当者がその内容を吟味、それぞれのリフォーム内容にぴったりの種類のリフォーム会社がピックアップされます。

 

-ノウハウ

Copyright© リフォーム速報 , 2019 All Rights Reserved.