ノウハウ

外壁のリフォームを考えたら知っておきたい3つの方法と費用・相場

更新日:

外壁のリフォームと言ったらほとんどの方が「外壁塗装」を思い浮かべるかと思います。しかし、実は外壁のリフォームは外壁塗装以外にも複数の修繕方法があります。

このページでは外壁のリフォームの3つの方法とそれぞれの費用相場、おすすめの見積もりの取り方などについて書いています。「外壁」=「塗装」の考えは捨ててご自分の家に最適の選択をしましょう。

なお、それぞれの費用は延べ床面積120㎡程度の一般的な大きさの住宅を想定して算出しています。

1.塗り替え[60万円〜]

外壁のリフォームでは一番メジャーなのがこの「塗り替え」です。下地に問題がない場合は基本的に塗り替えのみのリフォーム工事がほとんどとなります。

塗り替えは廃材なども出ない上、後述する「張り替え」や「重ね張り(カバー工法)」と比べて費用も安く抑えることができます。ただし、雨漏りなどがあったり劣化が激しい場合は塗り替えはできず、張り替えを行うことになります。塗り替えはこれまでに適正なメンテナンスがされていて外壁の状態が比較的良好な場合にのみ選択できる方法です。

2.重ね張り(カバー工法)[150万円〜]

重ね張りは別名カバー工法と呼ばれているもので、既存のモルタル壁やサイディングなどのシーリングを修復した上に胴縁(どうぶち)という下地材を取り付け、さらにその上からサイディングを重ねる方法です。重ねるサイディングは様々な種類から選ぶことができるためモルタル壁からサイディング壁に変更する際などにも用いられます。

重ね貼りは塗り替えと同様に下地に雨漏りがない場合などに施工できる方法です。ただ、塗り替えと違って値段は150万円〜とそれなりの費用が掛かります。

3.張り替え[200万円〜]

張り替えは外壁の劣化が一番激しい場合に用いる方法で、外壁を解体して下地からやり直します。断熱材や防水シート、劣化した部分の木材なども全て取り替えることができます。

ただし、その分廃材も出ますし工期もかかり、おまけに費用も200万円〜と非常に高額です。今までメンテナンスを行ってきた罰だと思って真摯に受け止め、今後の定期的なメンテナンスを心に誓いましょう。

外壁の3つのリフォームにおすすめはない

ここまで外壁リフォーム3つの方法を紹介しましたが、この3つの中からどれを選べば良いのか?おすすめはどれなのかが知りたいかと思います。しかし、正直に言うとおすすめはありません。というより、正確に言うとここでは答えることはできないのです。

なぜなら、外壁の状態は各家でかなりの差があり外壁材の種類や築年数、前回塗装してからの年数、前回の塗装の質などによって選ぶべき選択肢が変わってくるからです。

例えば、前回塗り替えたのが15年前だとして、その時に使用した塗料がアクリル塗料(寿命3〜5年)を使っていたか、フッ素塗料(寿命10〜15年)を使っていたかでは現状の痛み具合に大きな差があることは言うまでもありません。

外壁のリフォームをどう行うかは現在の家の状態に合わせて選択する必要があります。3つのどれを選ぶかの判断基準は複数ありますが、外壁リフォームは判断を誤ると家の構造部分にまで影響が及び、取り返しのつかないことになる恐れがありますので自分で判断せず専門家に診断してもらうようにしましょう。

最近では無料診断を受け付けている専門店もありますので診断を頼んでみても良いでしょう。もちろん、診断してもらったからリフォームを頼まなければならないなんてことはありません。診断結果からリフォームが必要だという判断になれば、それから一括見積もりなどでリフォーム会社の選定を始めれば良いのです。

絶対に失敗しない外壁リフォームでの正しい見積もりの取り方

先の説明の内容から外壁のリフォームは各家の状態に合わせて正しい判断をすることが重要だとお分かりいただけたと思いますが、実は外壁のリフォームにはそれを専門、もしくは外壁リフォームをメインにしている業者というものが存在します。「餅は餅屋」ということわざがありますが、まさにその通りで一応外壁もやっているけど水まわりや外構エクステリアなど色々やっているという会社よりも外壁関連の工事を専門でやっている会社の方が経験も豊富ですし、価格面やクオリティ面でも他社と比較されて負けない内容になっていることがほとんどなのです。

最近流行りの一括見積もりサイトも「リフォーム」という括りから「外壁のリフォーム」など、それぞれに特化した一括見積もりサイトが主流になりつつあります。外壁のリフォームに特化した一括見積もりサイトでは申込者の近隣のリフォーム会社の中から特に外壁のリフォームに強い業者や外壁専門の会社を紹介してくれます。

外壁リフォーム専門の一括見積もりサイトも最近では徐々に増えてきましたが、その中では下記の5つのサイトが特におすすめです。

  • 外壁塗装の窓口
  • 外壁塗装の案内所
  • ペンキ王
  • 外壁塗装の駆け込み寺

これら5つの一括見積もりサイトは外壁のリフォームに強い一括見積もりサイトです。

中でも「外壁塗装の窓口」はお断り代行サービスとイエローカード制度による業者の選定の成果によって人気急上昇中の見積もりサイトです。

サイト名 利用者数 特徴
外壁塗装の窓口 ←おすすめ! 30万人
  • イエローカード制度で高品質業者多数
  • お断り代行可能
外壁塗装の案内所 20万人
  • 老舗
  • 24時間電話相談可能
ペンキ王 不明
  • 5~10年の無償保証付き
  • 東京、埼玉、千葉神奈川、茨城南部、栃木南部、群馬南部、宮城、愛知、大阪のみ対象
  • 塗料業界売上高世界5位の日本ペイントの塗料
  • 運営短め

 

外壁塗装の駆け込み寺 80万人
  • 実績多数
  • 季節毎にキャンペーンを実施
外壁の相談窓口 10万人  

  • お断り代行可
  • 匿名相談可

ただ、ペンキ王は他のサイトと比べるとサービス自体が新しく、まだまだ件数が少ないからか利用者数などは公開されていません。また、全国対応していませんので一部地域の方はサービス対象外となっています。(今後増えてくると思いますが…。)多くのサイトが保証は各リフォーム会社に任せているため、当然、保証の内容や年数にばらつきがありますがペンキ王では全ての工事が5〜10年の保証付きとなっています。また、塗料に関しても「日本ペイント」という塗料業界売上高世界5位の塗料のみを使用すると公言しているなど内容は非常に魅力的です。

また、恐らくですが他の一括見積もりサイトと比べると加盟しているリフォーム会社も少ないことが予想されますのでペンキ王を利用する際は他の一括見積もりサイトと並行して利用することを強くおすすめします。

ペンキ王の利用可能地域

東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城南部、栃木南部、群馬南部、宮城、愛知、大阪

外壁以外も万遍なくやっている会社ですと外壁で負けても他で取り返せます。しかし、外壁メインでやっている会社にとっては外壁での戦いは絶対に負けられない戦いなのです。

そのため、もしあなたが外壁のリフォームを考えているのであれば真っ先に外壁に強いリフォーム会社の提案を聞くべきです。何から始めれば良いかわからない方は、まず上の表から自分に合った一括見積もりサイトを2〜3社選んで一括見積もりしてみてください。

各社の提案を聞いているうちに自分自身にも知識が蓄積され、本当に求めているリフォーム内容が自然と見えてくるはずです。

【まとめ】外壁のリフォームこそ早め早めを心がける

外壁は屋根と同様に日頃から私たちのことを雨風から守ってくれています。室内と比べると非常に過酷な環境にさらされている分、室内の壁よりも早く痛んでいきます。

しかしながら、外壁というのは日頃の生活では注視する機会も少なくリフォームの時期になっていても気が付きにくいものです。気が付いたことには激しく痛んでいたりすることもあり、酷い場合だと室内に雨染みができてはじめて気が付く方もいるくらいです。

また、外壁のリフォームは相当ひどい状況にならない限り、突然生活に支障が出たりするものではなく、なおかつ費用が高額なため後回しにされがちです。

しかし、外壁は一旦悪くなり始めると状況が悪化するスピードはどんどん早まりますし、早めに手を打てば塗装だけで済むものも放置して状態が悪くなると張り替えざるを得ない状況にもなってしまいます。状況が悪くなればなるほど費用がかさんでいくのが外壁のリフォームですので外壁のリフォームこそ、後回しにせず早め早めに手を打つようにしましょう。

-ノウハウ

Copyright© リフォーム速報 , 2019 All Rights Reserved.